グループ・ロシニョールについて

  • 目指す企業理念

    アウトドア・メジャー・ブランド オール・シーズン・ブランド

  • 目指す企業理念

    アウトドア・メジャー・ブランド オール・シーズン・ブランド

  • 目指す企業理念

    アウトドア・メジャー・ブランド オール・シーズン・ブランド

企業概要

グループ・ロシニョールはアルペン・ノルディックスキー総合で業界のNo.1に位置し、 スキー・ブーツではラング・ブーツを含め総合でNo.2に位置しています。

私たちは常に多様化に対応する戦略をモットーとし、 コア・ビジネスで同業界のリーダーとして躍進し続けています。

Winter Sports Equipment

logo_dynastarlogo_looklogo_lange

Apparel

Bike

Outdoor – Trail

VALUES -価値-

COMPETITION -競技-

各競技の偉大なるチャンピオンの躍進の元に、 商品開発に反映!

INNOVATION -革新-

革新的技術はレーシング DNAを統合した、 閃きと直感が基軸!

PASSION  -情熱-

マウンテンから注ぎ込まれる自然が、 商品開発の精神/情熱を生み出し 価値ある商品を製造!

 Respect Program

  • 私たちの事業に自然は欠かせません。
    Respect Programは自然と共生するために、
    山と共にあるスポーツとその自然自体を
    “Respect”していく取り組みです。

RESPECT

at the heart of rossignol group’s mission

ここ数年、私たちは現代社会が直面しているサステナビリティ(持続可能性)について
どのように向き合っていくかを模索していました。
環境への影響を最小限に留めると共に、会社の利益と従業員の生活も確保しなければなりません。
私たちのアプローチは進行中です。
私たち、グループを構成するさまざまなブランドや地域の支社と、サステナビリティに関してビジョンを共有し、
逐一事業に反映させていきたいと考えています。
製造に用いる材料と工程の両方の観点から、自然を最も尊重する方法でものづくりをすることによって。
私たちのフィールドとそれを生かし続けるコミュニティを支援していくことによって。

グループ・ロシニョールは2015年より、UNGC(国連グローバル・コンパクト)のメンバーです。

The RESPECT programme

グループ・ロシニョールは、環境問題を真摯に受け止め、自然を守るための具体的な行動を 実施することを約束します。 そのために、以下の目標を達成することを宣言します。

1. 2050年までに私たちの二酸化炭素排出量をゼロにすることを目標とし、2030年までに30%減少させます。

2. 2025年までに廃棄を40%減らします。

3. 従業員と取引先のQOLをこれまで以上に向上させます。

THE RESPECT PROGRAM -4つのテーマ

自然を”Respect”した製品

ロシニョールは、天然素材とリサイクル素材を取り入れたエコデザイン製品に取り組んでいます。 また、サプライチェーン全体で廃棄とパッケージングを可能な限り削減し、製品を長持ちさせる工夫をするなど、自然を尊重した製品開発によってサステナビリティに対してアプローチしています。

ステークホルダーに対する”Respect”

ロシニョールでは、人材は私たちの尊重する自然と等しく価値のあるもので、グローバルな活動の基盤です。 このことから、私たちは安全性や倫理、社会的パフォーマンスの観点で最も模範的と言える規則を導入しました。 グループ全体ですべての従業員の労働条件を改善し、すべての従業員を公平かつ平等に扱い、well-being(心身ともに健康)であることに取り組んでいます。

すべてのレベルで欠かさない”Respect”

自然への畏敬の念というのは細部に宿ります。私たちは、すべてのレベルにおいて価値観を共有することを欠かしません。これは、私たちとともに働く個人のパートナーに対しても同じです。

“Respect”は、環境、自然、そして特に山に対して畏敬の念を抱くことを意味します。グループ・ロシニョールは変革を推進するための立役者として、スポンサーシップ、サステナビリティに対する意識推進などを通じ皆さんと常にアクションしていきます。

MANIFESTO

ウィンタースポーツ業界でのリーダーシップ

私たちは、実現するべき目標に対して、すでに多くの行動を実行しています。 アルテス(スペイン)、そしてフランスのサランシュとヌヴェールの工場では2006年、2012年、2019年にISO14001の基準をクリアし認定されています。これは世界最高の水準です。

ISO 14001は、環境管理の国際標準化規格です。 企業活動がおよぼす自然への影響を管理し、環境へ配慮するという原則に基づいています。 ロシニョールは、汚染の削減、改善へ取り組んでいます。

さらなる環境に配慮した素材とものづくりのために

私たちは、自然に最もやさしい素材を使用することにより、 環境への影響を可能な限り削減するように、日々努めています。

すべての製品における環境汚染の削減のために: 例えばスキーヘルメットでは100%リサイクル可能な素材を用いています。 VOC(揮発性有機化合物)、CFC(クロロフルオロカーボン)、その他環境に有害とされる素材は一切使用されていません。 このことがアジアの工場の監査の際に評価され、この製品はISPO AWARDを受賞しました。

天然素材、リサイクル素材使用がひと目でわかるラベリング

私たちのスキー工場(アルテス: スペイン)は、天然素材、またはリサイクル素材を使用していることを2019年からPEFCとFSCにより認定されております。

再生素材使用の促進

スキー: エッジは100%再生鉄を使用しています。 また、滑走面は30%再生素材を使用しています。 スキーブーツ: 製造中に発生した端材やゴミなどを再使用しています。

スペイン工場: 100%再生可能エネルギーを使用しています。

モアロン本社(グルノーブル:フランス)での太陽光パネルの設置

    • 太陽光パネルにより毎時195キロワット発電しています。年間使用電力の9%を賄っています。

アパレル、シューズ業界でのリーダーシップ

グループ・ロシニョールは、G7ファッション協定に取り組んでおり、国連ファッション業界憲章に署名することで、ファッション業界の主要ブランドに加わっています。

ダウン・ウール・皮革素材の使用について

私たちの製品の64%は合成ダウンを使用し、19%はフランスのハイエンドスタンダードである”Duvet du Faubourg”とラベル付けされたダウンを用いています。アンゴラとモヘアのウールが密猟されたものであったという近年のスキャンダルを受け、グループ・ロシニョールではそれらを採用することをやめました(2021年からモヘアのみ再開)。また、非ミュールシング証明書がない限り、動物虐待を避けるためにオーストラリアのウールの使用も辞めました。

  • ダウンと皮革は、アグリフードチェーンの副産物でなければならない
  • 生きた動物から得られたダウンの使用厳禁
  • フォアグラ生産者からのダウンの取得厳禁<!-The use of down and feathers from the “foie-gras » production chain is prohibited.–>

毛皮の使用廃止と、生産地の管理

COP17/18(国連気候変動枠組条約締約国会議)で私たちが宣言した通り、合成毛皮のみを使用しています。
ドローム県にあるフリーライド部門、通称”Atelier S”で開発されるSympatex®を用いたシームレス製品はPTFEやPFC, PFOAを一切使用しておらず、100%リサイクル可能な素材で作られたBluesign®認証済み製品です。 水を弾き、風を防ぎ、その上通気性も抜群です。これはまさに”Crème de la crème(最高!)”な生地です。これらはすべてフランス製です。 また、ジャン・シャルル・ド・カステルバジャックが手がけるアパレルラインはすべてイタリア製です。

APPAREL & PRIMALOFT

私たちは、PRIMALOFTと密に協力して、SPORT CHICシリーズの合成断熱材にリサイクル素材を使用しています。 SKI SPORT CHICシリーズでは100%、APRES SKI SPORT CHICシリーズでは80%リサイクル素材を使用しています。

 

植林プログラムについて

1990年から2010年の間に、タンザニアは森林のほぼ20%を失いました。 今日でも、この国は世界で最も森林破壊されている国の1つです。農地や牧草地の拡大、木炭や薪の生産、産業活動による山火事により、毎年約40万ヘクタールの森林が破壊されています。そのため、ロシニョールは2020年末までにタンザニアのウサンバラ山地に25,000本の木を植えることを約束しました。 25,000本の植林の価値:
  • 3,750トンの二酸化炭素の吸収
  • 75,000の動物の生息地の確保
  • 3,500日以上の地域住民の雇用確保
  • 8,000年分の酸素の排出量
Visit ReforestAction website.

 OUR OFFICE

社名 GROUPE ROSSIGNOL 株式会社(グループ・ロシニョール株式会社)
住所 〒110-0016 東京都台東区台東1丁目4番12号 BKビル6階
TEL/FAX セールス – Sales/カスタマーサービス – Customer Service TEL (03)5846-3080 / FAX (03)5846-3224
プロダクト&マーケティング – Product Marketing TEL (03)5846-3081 / FAX (03)5846-3224
総務、経営管理 – Finace & AD and HR TEL (03)5846-3080 / FAX (03)5846-3224
アフターサービス – After Service 〒350-0206 埼玉県坂戸市中小坂924-2 TEL 049-298-6454 / FAX 049-281-5812
設立年月日 2002年10月11日
資本金 430,000,000円(仏Skis Rossignol SAS 100%)
代表取締役社長 高橋 正彦
取締役 酒徳 和治
社員数 20名
業務内容 ロシニョール・グループ ブランド製品( ロシニョール、ディナスター、ラング、ルック、ケルマ、リスポート)の日本における輸入、販売、広報宣伝、販売促進及びアフターサービスに関わる一切の業務

 Global Reach

  • グループ・ロシニョール本社

    モアロン(グルノーブル:フランス)

    イゼールの中心に位置 

    > 本社機能 > 研究・開発 > ロシニョールとディナスターのレーシンングスキーとプロトタイプの開発 > サポートチーム:法務部・財務部・人事部・IT部 > マーケティング部・営業部 > 産業チーム:情報・安全と環境保全・品質管理・供給 > ロシニョールアパレルチーム

Global reach

世界51カ国

北米

> パークシティ(ユタ州) > モントリオール(カナダ)

ヨーロッパ

> フランス > イタリア > ドイツ > オーストリア > スイス > ノルウェー・スウェーデン

日本

> 東京

42カ国での代理店展開

> スペイン > ポーランド > ロシア > フィンランド > 韓国 > など

生産工場

11か所の研究開発と生産工場

> フェルトバイク-カルフォルニア:本社・研究開発・デザインセンター > ダル=オブ=ノルウェイ- :本部・製造 HQ, Manufacturing > ミラノ(イタリア):アパレルデザイン本部 > モアロン(グルノーブル:フランス):本部・研究開発・レーシングアトリエ > サランシュ(フランス):ロシニョール・ディナスターのSKI生産工場 > アルテス(スペイン):アルペンスキー・ノルディックスキー・スノーボード生産工場 > ヌヴェール(フランス):ルックビンディング生産工場 > モンテベルーナ(イタリア):ラング・ロシニョールスキーブーツ・リスポートスケートシューズ・フットウェアの研究開発及び生産工場 > サンジョア(フランス):本社物流倉庫